デリヘル運営者にとって女の子管理は本当に大変だった

デリヘルへ面接に来るのは全てが魅力と良識がある女性だけではないだけにデリヘル運営者の気苦労は本当に大変ですね。

*

デリヘルの面接が多い横浜のスタッフは気苦労も大変

お客様にとってデリヘルの魅力と言えば当然その対象は女性です。
容姿が良い、接客や気遣いが優れている、プレイ等も含めてレベルの高い女性がいれば当然の如く人気店になっていきリピート客も増えますが、あまりにもレベルの低い女性が来れば二度と使いたくないとまで評価は大きく変わります。

デリヘル店にとっての商品は女性だけにやはりレベルの高い女性を集めたいのですが、面接に来る女性が必ず誰もが納得する女性とは限りませんw
しかし、商品を揃えるという意味では必ずしも要望通りの女性が揃うかと言えば難しく、少なからず妥協して入店させる場合も当然あるのです。
全てがお客目線だけの上質と厳しい審査基準にすれば、デリヘル店にとって商品が全く無い状態で商売になりませんからね。

女性から電話やメールでデリヘル店に問合せが来て、実際にスタッフが女性と面接できるのは10%程度というデリヘル店も多々あります。
面接場所や面接時間まで指定されて向かったスタッフは急に女の子と連絡が付かないなどのすっぽかしは日常茶飯事。100歩譲っても絶対入店させられない容姿の女性もかなりの比率でいるのが現状でお断りする場合も珍しくはありません。
また面接時だけ性格的に化けの皮を被っている可能性も高確率で何かしらあります(笑

横浜などの人気店では毎日の様に面接がありますが、地方によっては1ヵ月に一人も面接の問合せすら無いという場合もあるのです。女の子を紹介してくれたスカウトが問題を起こす場合もあったり、同じ商圏の他店のデリヘル嬢が面接にきて他店の悪口を並べてきたり、デリヘルスタッフにとって落ち着いた日というのは皆無ではないでしょうかw
最終的には面接が多いデリヘル店が当然、女性の容姿や接客レベルが高いのは間違いありません。そんなデリヘルに面接に来る女性の様々な問題を取り扱っていこうと思っています。
横浜のデリヘル風俗情報で人気店が一目で判るだけにとても利用しやすいと感じています。

公開日:
最終更新日:2016/03/02